ジャンプ週間、小林潤ら本戦へ

葛西と竹内も、開幕戦予選

予選2位で本戦へ進んだ小林潤志郎=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)

 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は29日、ドイツのオーベルストドルフで年末年始恒例のジャンプ週間開幕戦を兼ねた個人第8戦(ヒルサイズ=HS137メートル)の予選が行われ、小林潤志郎(雪印メグミルク)が133メートルの142.1点で2位となった。日本勢は4人が30日の本戦に進んだ。

 小林陵侑(土屋ホーム)は9位、葛西紀明(土屋ホーム)は32位、竹内択(北野建設)は49位で突破。作山憲斗(北野建設)は53位で落選した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers