ジャンプ週間開幕戦、小林潤6位

年末年始恒例、ドイツで開催

ジャンプ週間開幕戦で6位に入った小林潤志郎=30日、オーベルストドルフ(AP=共同)

 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は30日、ドイツのオーベルストドルフで年末年始恒例のジャンプ週間開幕戦を兼ねた個人第8戦(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、小林潤志郎(雪印メグミルク)が合計257.1点で6位に入った。

 小林潤は1対1の対戦形式の1回目は126.5メートルで竹内択(北野建設)に勝って11位。2回目も123メートルにまとめて順位を上げた。2回目に最長不倒の137メートルを飛んだカミル・ストッフ(ポーランド)が1回目の4位から逆転、今季初勝利で通算23勝とした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。