病院の子どもに五輪観戦体験を

2020年東京、最新技術で構想

 病気や障害などを抱え、2020年東京五輪・パラリンピックを会場で観戦したくてもできない子どもたちに、大会組織委員会が最新の映像技術を駆使した臨場感のある「観戦体験」をプレゼントする構想があることが31日、関係者への取材で分かった。放映権などクリアすべき課題があり、規模は限定的になる予定だが、組織委は「さまざまな事情で会場に来られない子どもたちに観戦の機会を提供するアイデアの一つ」と説明した。

 構想では、360度カメラを使って撮影した映像に、仮想現実(VR)の技術も織り交ぜ、子どもたちが病院などにいながら生観戦しているかのように感じる空間を再現する。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。