イラン反政府デモ23人死亡

全土に拡大、政情不安も

イラン・テヘラン西郊エルブルズ州の街頭の抗議デモを伝えるビデオ画像=2017年12月31日(ロイター=共同)

 【テヘラン共同】昨年12月28日に始まったイランの反政府デモは全土の40都市以上に拡大し、イランの複数メディアは2日までに参加者計23人の死亡を伝えた。一部が暴徒化し、警官隊との衝突などで計700人以上が拘束された。発端は市民生活の不満だったが、非難の矛先は1979年以来続くイスラム共和制そのものにも向いた。治安当局が異論を弾圧してきたイランでは異例の事態で、政情の不安定化が懸念される。

 2009年に大統領選の不正を訴える反政府デモで数十人が死亡して以降、最大規模の衝突。

 参加者は「独裁者に死を」と体制の頂点に君臨する最高指導者ハメネイ師を糾弾した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。