デモ拘束者、厳罰方針

イラン当局、死刑適用も

テヘランでのデモの様子=2017年12月30日(ゲッティ=共同)

 【テヘラン共同】イラン全土に拡大した反政府デモを巡り、首都テヘランの革命裁判所の幹部は2日、治安当局により拘束されたデモ参加者は「通例よりも厳しい罪で裁かれることになった」と明らかにした。デモを扇動したと判断した場合には、死刑が適用される可能性もある。タスニム通信が報じた。

 デモは計40都市以上に波及。参加者23人が死亡し、拘束者は900人を超えた。当局は強権を行使してでも沈静化を図る方針を固めたもようだ。

 厳罰方針の理由について革命裁幹部は「デモ参加者はイランのイスラム革命体制を標的にしている」と強調。首謀者は外国の情報機関とつながっていると主張した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。