北朝鮮、ミサイル発射準備か

今週後半にも

 【ワシントン共同】米CBSテレビ電子版は2日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射の準備を進めているとみられると報じた。昨年11月に新型ICBMが発射されたのと同じ場所で動きが見られ、今週後半か来週にも発射に踏み切る可能性があるとしている。

 北朝鮮は昨年11月、米本土全域を攻撃できる新型ICBM「火星15」の発射実験に成功したと表明。金正恩朝鮮労働党委員長は今月1日、国営テレビなどを通じ発表した「新年の辞」で、米本土全域が核攻撃の圏内にあるとの認識を示し、核弾頭と弾道ミサイルを量産し実戦配備に拍車を掛けるよう指示した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。