山口・下関で新春のフグの初競り

南風泊市場、昨年より安値

「袋競り」で競り落とされるフグ=4日未明、山口県下関市の南風泊市場

 フグの取扱量日本一で知られる山口県下関市の南風泊市場で4日未明、新春恒例のフグの初競りがあり、天然トラフグや養殖のフグ計14.2トンが競り落とされた。最高値は1キロ当たり1万3千円で、昨年より5千円安かった。

 午前3時25分ごろ、始まりを告げるベルが鳴り、競り人の「ええか、1パイはどうか」という威勢の良い掛け声が響き渡った。仲買人が黒い袋の中で競り人の指を握って値段を決める独特の「袋競り」で次々と値段が決まった。フグは関東や関西方面へ出荷される。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS