安倍首相が伊勢神宮を参拝

新春恒例、6年連続

伊勢神宮の外宮の参拝に向かう途中で、手を振る安倍首相=4日午後、三重県伊勢市

 安倍晋三首相は4日午後、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝した。歴代首相による新春の参拝は毎年恒例で、首相にとっては2012年12月の第2次政権発足後、6年連続となる。その後、伊勢市内で年頭の記者会見に臨む。18年の政権運営や憲法改正などに関する見解を表明する見通しだ。

 参拝には、野田聖子総務相や林芳正文部科学相、加藤勝信厚生労働相、世耕弘成経済産業相ら現職閣僚も同行。4日夜に帰京する。

 菅義偉官房長官は午前、官邸で開かれた内閣官房職員への年頭訓示式に出席し「衆院選で国民から頂いた負託に応えるため、全力で取り組みたい」とあいさつした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。