イラン、デモ長期化に危機感

指導部、精鋭部隊動員も

©一般社団法人共同通信社

 【テヘラン共同】イラン全土に拡大した反政府デモは4日で発生から1週間。情勢は徐々に回復へ向かい始めたが、同国の厳格なイスラム革命体制を揺るがしかねないとして指導部は長期化に危機感を強めている。一部地域では「エリート部隊」の革命防衛隊も限定的に動員。国民の権利制限も辞さない構えで、早期鎮圧に躍起だ。

 交差点ごとに重装備の警官数十人の影が街灯の下に浮かぶ。詰問されて戸惑う通行人。3日夜、首都テヘラン中心部。反政府デモが前日までに複数発生、衝突も起きた一部地区には、再発は決して許さないとの治安当局の決意が満ちていた。