日銀がフェイスブックで情報発信

親しみやすさ重視

日銀のフェイスブックページ

 日銀は4日までに交流サイト「フェイスブック」を使った情報発信を始めた。より多くの人に日銀について知ってもらうのが狙いで、これまでの公式ホームページよりも、分かりやすさや親しみやすさを重視した内容にしていくという。

 経済統計や記者会見など以前からホームページ上で公表している内容に加えて、勤務している従業員や本支店などの建造物、設立以来の歴史などに焦点を当てた情報も提供していく予定だ。

 日銀は2011年から短文投稿サイト「ツイッター」を活用していたが、1回当たりの情報量が限られていた。フェイスブック活用について「日銀のブランド力を高めていきたい」としている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。