北朝鮮の地方都市に落下か

昨年4月失敗の「火星12」

 【ワシントン共同】外交・安全保障専門オンライン誌「ディプロマット」は3日、米政府当局者の話として、北朝鮮が昨年4月29日に新型の中距離弾道ミサイル「火星12」発射に失敗した際、内陸部の地方都市に落下、現場の建物に大きな被害が出ていたと報じた。

 同誌は、北朝鮮が昨年2度にわたり、日本上空を通過する形で火星12を発射したことを指摘。列島越えを狙っていても、失敗が起きれば日本攻撃に見える軌道を取り「北東アジアに深刻な危機をもたらす恐れがある」と警告した。

 同誌によると、火星12は発射地点の内陸部北倉から北東に約40キロの徳川市内に落下した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。