米ユーチューバー投稿自粛

樹海自殺動画で「反省」

米ロサンゼルスでテレビの授賞式イベントに参加するローガン・ポール氏=2017年8月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】動画投稿サイト「ユーチューブ」に山梨県の青木ケ原樹海で自殺したとみられる遺体の動画を一時投稿し批判を受けていた米国人男性ローガン・ポール氏は4日までに、ツイッターに「反省する時間を取る」と書き込み、動画投稿をしばらく自粛する意向を示した。

 ポール氏はユーチューブに動画を投稿して広告収入を得る「ユーチューバー」として人気があり、同氏のチャンネルは若者を中心に1500万人以上の登録者がいる。

 ポール氏は富士山麓の樹海を仲間と散策した際、首をつって自殺したとみられる遺体を発見し、一部始終を撮影した動画をユーチューブに投稿した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。