イラン情勢で安保理会合へ

反政府デモ、米が開催要請

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は4日、反政府デモが起きているイラン情勢について、公開の緊急会合を5日午後(日本時間6日朝)に開催することを決めた。議長国のカザフスタンが明らかにした。米国が開催を要請した。

 米国のヘイリー国連大使は、反政府デモを「抑圧された人々が独裁者に立ち向かおうとしている」として、支援するべきだと主張している。

 ただ安保理内には、イラン内政への干渉になるとして、安保理が行動することに消極的な意見もある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。