西宮市長「記者におわび」

「殺すぞ」発言、辞職否定

記者会見する兵庫県西宮市の今村岳司市長=5日午前、西宮市役所

 兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)が5日、市役所で記者会見し、4日の仕事始め式を取材していた読売新聞記者に「殺すぞ」と発言したことについて、「暴言だと思っている。記者におわびさせていただきたい」と述べた。辞職はしない意向を示した。

 今村市長は、読売新聞記者が年末年始の休みに自宅を訪れ、私有地に入った「不法侵入」があったとし、4日にこの記者から謝罪がなく「カッとなった」と説明した。

 市長は「不法侵入」の根拠を問われると、記者がインターホンの場所からさらに奥に入ってきていたと主張した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。