フランス原子炉製造に出資を完了

三菱重工、660億円

 三菱重工業は5日、フランス電力傘下の原子炉製造会社「フラマトム」への出資を完了したと発表した。出資比率は19.5%で、金額は約4億8300万ユーロ(約660億円)という。

 東京電力福島第1原発事故の影響で、世界の原発市場は厳しい環境が続いている。だが三菱重工は、フラマトムが手掛ける原子炉の保守・管理は安定した需要が期待されていて採算が見込めると判断した。

 フラマトムは、フランス原子力大手アレバの子会社「アレバNP」が源流。アレバの業績悪化を受け、救済に乗り出したフランス電力の傘下に入った。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。