東京円、113円台前半

 5日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=113円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比57銭円安ドル高の1ドル=113円14~15銭。ユーロは1円03銭円安ユーロ高の1ユーロ=136円42~46銭。

 米株高などを背景に投資家がリスク志向を強め、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが先行。その後も日経平均株価の上昇に伴い円売りが加速した一方、米雇用統計の発表を見極めようと様子見ムードもあった。

 市場では「北朝鮮情勢への不安感がやや後退したことも円売りを誘う要因となった」(外為ディーラー)との声も聞かれた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers