米大統領、暴露本に圧力

バノン氏の孤立加速、選挙影響も

トランプ米大統領(AP=共同)、バノン氏(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日、トランプ政権の暴露本「炎と怒り」の発売停止を出版社や著者に求め、提訴する構えも見せて圧力を加えた。暴露本が原因でトランプ氏と関係が悪化した元政権高官のバノン氏は、会長を務める右派サイトから追放される可能性が取り沙汰されるなど孤立が加速。バノン氏の影響力低下は11月の中間選挙の動向に影響を与えそうだ。

 出版社はトランプ氏の要求を拒否。暴露本の注文が殺到しており、予定を前倒しして今月5日に発売すると発表した。

 暴露本は関係者の証言に基づき「トランプ氏は大統領選で勝つつもりはなかった」などと醜聞が多く記載されている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。