ジャンプ、負傷でフライタク欠場

男子個人総合首位、第11戦

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら
ジャンプ週間第3戦の1回目の着地で転倒したリヒャルト・フライタク=4日、インスブルック(AP=共同)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で個人総合首位のリヒャルト・フライタク(ドイツ)が、負傷で6日に行われるジャンプ週間最終戦を兼ねた個人第11戦(ビショフスホーフェン=オーストリア)を欠場することになった。ドイツ・スキー連盟が5日、発表した。

 26歳のフライタクは4日に行われたジャンプ週間第3戦の1回目の着地で転倒した。平昌冬季五輪に備え大事を取る形で、同連盟の公式サイトで「チームドクターのアドバイスに従い、休養することに決めた」とコメントを発表した。(共同)

あなたにおすすめ

Curated by

papers