大相撲立行司、若手にセクハラ

式守伊之助、唇や胸に触れる

©一般社団法人共同通信社

第40代・式守伊之助

 日本相撲協会は5日、昨年12月の冬巡業中に現役最高位の行司である立行司の式守伊之助(58)=本名野内五雄、大阪府出身、宮城野部屋=が10代の若手行司に対してセクハラ行為を行ったと明らかにした。式守伊之助は既に若手行司に謝罪した。

 相撲協会によると、12月16日に沖縄県宜野湾市で行われた冬巡業後に泡盛を飲んで泥酔し、宿泊先で10代の若手行司にキスを数回し、胸部に1度触れたという。若手行司はショックを受け、謝罪を求めた。

 式守伊之助は「泥酔していたので、覚えていない。なぜこのような行為をしたのか分からない」と述べたという。

2015年九州場所で行司を務める式守伊之助(右)=福岡国際センター

あなたにおすすめ