米、真偽不明文書の捜査促す

ロシア疑惑で議会委員長

 【ワシントン共同】トランプ米大統領の弱みをロシア情報機関がつかんでいるとする真偽不明の文書について、米上院司法委員会のグラスリー委員長は5日、文書の作成者を捜査するよう司法省に促した。米メディアが伝えた。

 文書は昨年1月にメディアに流出し、米大統領選でのロシア干渉疑惑に絡みトランプ陣営とロシアの関係を示すとして注目されたが、内容が虚偽の可能性が指摘されている。

 グラスリー氏は、文書の作成者である英秘密情報局(MI6)元職員クリストファー・スティール氏が文書に関し米連邦捜査局(FBI)に偽証した疑いがあるとしている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。