北日本中心に9日から大荒れ

冬型強まる

 気象庁は6日、冬型の気圧配置が強まり、北日本を中心に9日から10日ごろにかけて大荒れの天気になるとして、暴風や高波、猛吹雪による交通障害に警戒するよう呼び掛けた。大雪や雪崩にも注意が必要だ。

 気象庁によると、8日は低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、低気圧に向かって暖かい空気が流れ込み、全国的に荒れた天気となる。気温が上がり、積雪の多い地方では雪崩の恐れが高まる。

 9日から10日ごろにかけては、日本上空に強い寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置になり、北日本を中心に大荒れの天気となる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS