北日本中心に9日から大荒れ

冬型強まる

 気象庁は6日、冬型の気圧配置が強まり、北日本を中心に9日から10日ごろにかけて大荒れの天気になるとして、暴風や高波、猛吹雪による交通障害に警戒するよう呼び掛けた。大雪や雪崩にも注意が必要だ。

 気象庁によると、8日は低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、低気圧に向かって暖かい空気が流れ込み、全国的に荒れた天気となる。気温が上がり、積雪の多い地方では雪崩の恐れが高まる。

 9日から10日ごろにかけては、日本上空に強い寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置になり、北日本を中心に大荒れの天気となる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS