注目アニメ紹介:「CCさくら クリアカード編」 桜が中学生に 話題の新作がテレビアニメ化

©株式会社MANTAN

テレビアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」のビジュアル(C)CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK

 1990年代~2000年代に人気を集めたマンガ「カードキャプター(CC)さくら」の新作が原作のテレビアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」が7日、NHK・BSプレミアムでスタートする。約16年ぶりの新作マンガが原作で、小学生だった木之本桜が中学生になって登場する。毎週日曜午前7時半に放送。全22回。

 「CCさくら」は、96年~00年にマンガ誌「なかよし」(講談社)で連載されたマンガ創作集団「CLAMP」の人気マンガ。小学4年生の木之本桜が、災いをもたらすというクロウカードを回収するため魔法を使ってカード集めに奮闘する姿が描かれた。約16年ぶりの新作となる「クリアカード編」は16年に同誌で連載がスタートした。

 中学1年生になった桜は小狼と再会し、一緒に学校に通えるのを喜び合ったのもつかの間、集めたカードに異変が発生。不思議な出来事も街で次々起き、さくらは夢で出会った「鍵」に導かれ、再びカードを集めることになる。

 前シリーズから引き続き、丹下桜さんが桜、くまいもとこさんが小狼をそれぞれ演じるほか、久川綾さん、岩男潤子さん、鈴木みのりさん、花江夏樹さんらが出演する。前シリーズと同じくマッドハウスが制作する。

あなたにおすすめ