政府機関のドメイン統一進まず

「go.jp」使用は約3割

 政府機関のサイトで、異なるドメイン(インターネット上の住所)が乱立して使われている現状を踏まえ、政府が使用を促している専用ドメイン「go.jp」への統一・移行が進まず、全体の約3割にとどまっていることが6日、内閣官房への取材で分かった。

 go.jpは政府機関しか取得できないが、「.com」「.net」など非専用ドメインは原則として誰でも取得できるため、酷似するドメインを使った政府機関の「成り済ましサイト」作成が可能。閲覧者が偽サイトを政府の真正サイトと誤信し、個人情報をだまし取られる「フィッシング詐欺」などの被害に遭う恐れがある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。