首相、地元・山口入り

支援者らと会合、8日まで

 安倍晋三首相は6日午後、地元の山口県に今年初めて入った。8日まで滞在し、支援者らとの会合に出席するほか、長門市内にある父の故・晋太郎元外相の墓参りをする予定。昭恵夫人や母の洋子さんも同行した。

 北朝鮮情勢が緊迫する中、昨年8月以来の「お国入り」となった。首相周辺は「何かあれば、すぐに東京に戻る手はずは整えている」と強調、危機管理に問題はないとしている。

 首相は6日午後、NHK報道番組の収録を東京都内で終え、民間機で山口県宇部市の山口宇部空港に到着。下関市の自宅へ車で移動した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers