枝野氏「統一会派は自己否定」

玉木氏「力合わせること不可欠」

立憲民主党の枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は7日のNHK番組で、民進党が求めている希望の党を含む3党での統一会派結成について改めて拒否した。「とても考えられない。理念、政策の違う希望と丸ごと組むのは自己否定につながる」と述べた。

 同番組で希望の玉木雄一郎代表は、与党が3分の2を占める国会の現状に触れ「(対峙するには)できるだけ力を合わせていくことが不可欠だ」と前向きな考えを表明した。終了後、記者団に「通常国会が22日に始まる。そこをめどとして一定の結論を得る。今週がヤマ場になる」と語った。

 民進の大塚耕平代表は「私たちは3党での結成をぎりぎりまで追求する」と強調した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers