イラン反政府デモ、収束の兆し

国内引き締め、強硬化の構えも

 【テヘラン共同】イラン全土に拡大した反政府デモは、大規模な衝突が3日以降確認されておらず、収束の兆しが出ている。本格的な政治変動には発展せず、治安当局による抑え込みも奏功したもようだ。危機感を強める指導部は国内世論の引き締めに躍起で、ここ最近柔軟姿勢を示していた外交や内政面の方針を再び強硬化させる構えだ。

 デモは昨年12月28日に始まった。40都市以上に波及し、治安当局との衝突などで23人が死亡、千人以上が拘束されたが、イラン内務省によると参加者は計約4万2千人にとどまった。大統領選の不正疑惑に端を発した2009年の大規模デモには、到底及ばない。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。