平昌五輪関連機関にサイバー攻撃

米セキュリティー企業確認

 米セキュリティーソフト大手、マカフィーは6日付で、2月の平昌冬季五輪の関連機関を標的にしたサイバー攻撃が確認されたと明らかにした。具体的な被害の有無は不明だが、今後こうした攻撃が増加する恐れがあると警告している。

 過去の同種のサイバー攻撃では、ウイルスメールでパスワードや金銭的な情報を狙ったケースがあったという。今回はメールにワードファイルを添付する手法で、ファイル名として政府機関名などが使われていた。

 攻撃は昨年12月22日から始まった。韓国のテロ対策部局から送られたように見せかけていたが、実際にはシンガポールのIPアドレスが発信元だった。(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers