マグロに金運上昇の願掛け

えべっさんで恒例の奉納

西宮神社に奉納されたマグロにさい銭を張り付ける参拝客=8日、兵庫県西宮市

 商売繁盛の神様「えべっさん」総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)に8日、地元の水産関係者から豊漁を願う大マグロが奉納された。「十日えびす」を前に1970年から続く恒例行事。マグロにさい銭の硬貨を張り付けると「金が身に付く」という御利益があるとされ、拝殿に飾られると待ち構えた参拝客が手を合わせていた。

 奉納されたマグロは沖縄県産で長さ約2.3メートル、重さ約230キロ。午前9時半ごろ、軽トラックで到着、おはらいを受けた。

 毎年参拝しているという兵庫県姫路市の自営業大西良祐さん(48)は「最近は景気も悪くないと感じている。日本全体が活気づいてくれれば」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る