うないさんのおみくじ

©株式会社長崎新聞社

 諫早市宇都町の諫早神社で同市のゆるキャラ「うないさん」の置物に入ったおみくじ=写真=が元旦からお目見えし、参拝客の人気を集めている。

 置物は高さ約5センチの陶器製。底の部分から紙のおみくじが取り出せる仕組

み。初穂料は1個500円で一部をうないさんの活動資金として寄付する。正月に合わせ約千個を用意し、6日までに約800個を頒布した。

 うないさんは「本明川で生まれたウナギの妖精」。本明川とゆかりの深い同神社は、これまでにうないさんのお守りや絵馬もつくっている。宮司の宮本健一さん(38)は「運気が『うなぎ上り』になる縁起のいい置物。ご家庭に飾ってもらえれば」とPR。