上海沖のタンカーから油流出

貨物船と衝突、鎮火せず

7日、上海の沖合で貨物船と衝突し、炎上するパナマ船籍の石油タンカー(新華社=共同)

 【上海共同】中国上海の沖合で6日に石油タンカーと貨物船が衝突、タンカーの乗組員32人が行方不明になった事故で、中国の交通運輸省は8日、タンカーで発生した火災が鎮火せず、海面に油が流出していると発表した。また、外務省は8日、1人の遺体を収容したと明らかにした。

 国営通信、新華社はタンカーが爆発して沈没する可能性があると報じた。現場海域では中国と韓国の海洋当局が派遣した航空機などが行方不明者の捜索を続けているが、火災によって有害なガスが発生し、難航しているという。

 石油タンカーはパナマ船籍で、行方不明となった乗組員はイラン人30人とバングラデシュ人2人。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers