ロシア疑惑でトランプ氏聴取か

特別検察官が検討、近くにと報道

トランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストなどは8日、米大統領選介入などロシアが絡む一連の疑惑を捜査するモラー特別検察官が、トランプ大統領の直接聴取を検討していると報じた。昨年12月にトランプ氏の弁護団に意向を伝えており、同紙は「限定的な質問」を数週間以内に行う可能性があるとしている。

 疑惑捜査では、大統領選をトランプ氏に有利にしようとトランプ陣営とロシア政府が共謀したかどうかが焦点。トランプ氏は「共謀はない」と主張し、隠すことは何もないとして聴取に前向きだが、弁護団は消極的で、書面による供述も検討している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む