東京円、112円台後半

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 連休明け9日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台後半で取引された。

 午後5時現在は、休日前の5日と比べ40銭円高ドル安の1ドル=112円74~75銭。ユーロは1円69銭円高ユーロ安の1ユーロ=134円73~77銭。

 長期金利の上昇を背景に、日米金利差の縮小を意識した円買いドル売りが優勢だった。

 市場では「国内輸出企業による円買いもあった」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

あなたにおすすめ

Curated by

papers