総務相、慰安婦像設置は「残念」

フィリピン大統領と会談

フィリピンのドゥテルテ大統領との会談後、記者会見する野田総務相=9日、マニラ(共同)

 【マニラ共同】フィリピンを訪問した野田聖子総務相は9日、首都マニラでドゥテルテ大統領と会談し、昨年12月にマニラ湾沿いに旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する女性像が設置されたことについて「こうした像が唐突にできるのは残念だ」と伝えた。野田氏が会談後の記者会見で明らかにした。

 像はフィリピンの政府機関が設置したが、ドゥテルテ氏からコメントはなかったという。野田氏は、日本政府の立場について「ご理解いただいたと思う」と述べた。

 会談で野田氏は「日本とフィリピンは先の大戦を乗り越えた形で、親しい友人関係で現在に至っている。しっかり話をしていきたい」と伝えたという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers