NY円、112円後半

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=112円後半で取引された。日銀が超長期債を対象とする国債買い入れを減額したことを背景に日本の長期金利が上昇し、円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 ただ、米長期金利も上昇したため、円の上昇幅は限られた。

 午後5時現在は前日比41銭円高ドル安の1ドル=112円61~71銭。ユーロは1ユーロ=1.1932~42ドル、134円42~52銭だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。