米、迎撃ミサイルを日本売却へ

北朝鮮にらみ対応強化

 【ワシントン共同】米政府は9日、北朝鮮の核・ミサイルに対抗するため日米両国で共同開発した改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」4発を日本に売却する方針を議会に通告した。関連装備品などを含め、総額は1億3330万ドル(約150億円)相当。議会には15日間の検討期間があるが、自動承認される見通しだ。

 日本政府は、2017年度予算で初めて取得費用147億円を計上していた。導入は21年度を計画している。日米は、北朝鮮の脅威をにらんで多層的な弾道ミサイル防衛(BMD)体制の構築を進めている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。