共同の新工場、米アラバマ州に

トヨタとマツダ4千人雇用

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車とマツダが共同で設立する米国の新工場を巡り、建設地がアラバマ州に決定したことが9日、関係者への取材で分かった。建設地を選定中だった。新工場では4千人規模の雇用を想定。10日にも正式発表する見込みだという。

 トヨタとマツダは昨年8月、米国に共同出資会社を設立し、総額16億ドル(約1800億円)前後を投じて、2021年に新工場の稼働を目指すと発表していた。

 新工場は年30万台規模の完成車を生産する能力を持つ見通し。トヨタは北米市場向けの乗用車カローラ、マツダは北米市場に新たに導入する車種を生産する見込みだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。