平昌予想、日本最多メダル15個

米データ会社

スピードスケート女子の小平奈緒(左)とフィギュアスケート男子の羽生結弦

 スポーツデータの分析、提供などを行う米国のデータ専門会社、グレースノートは10日、平昌冬季五輪開幕30日前に合わせて全種目のメダル予測を発表し、日本はメダル総数で過去最高の15個、金メダルは1998年長野五輪の5個に次ぐ4個となった。最新の競技結果や選手の動向を分析、現時点で五輪が行われたとの想定で算出した。

 日本の金メダルには、フィギュアスケートでソチ五輪を制した男子の羽生結弦と団体、スピードスケート女子で500メートルの小平奈緒と団体追い抜きが挙がった。

 国・地域別ではドイツが40(金14)で1位、ノルウェーが37(金14)で2位と展望した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。