韓国、10億円の扱い協議要求へ

返還以外も考慮か、慰安婦拠出金

10日、ソウルの日本大使館前で開かれた恒例の「水曜集会」で、慰安婦問題について日本に謝罪を求める参加者(共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は10日の年頭記者会見で、従軍慰安婦問題の日韓合意に基づき日本が拠出した10億円の扱いについて日本に協議を求める考えを示した。「解決へ向けた良い目的」に使うことも望ましいと言及。日本が返還を受け入れる見通しが立たないため、問題に絡む別の用途に使うことも念頭に置いているとみられる。日本政府は合意の変更は認めないと反発しており、協議を拒む公算が大きい。資金の扱いが日韓の大きな懸案に浮上しそうだ。

 10億円は合意に基づき設立された韓国の「和解・癒やし財団」に対し、2016年に日本が拠出した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。