ワカサギ釣り解禁 赤城大沼

©株式会社上毛新聞社

 氷上ワカサギ釣りが解禁された赤城大沼(前橋市)で10日、釣り人が繊細な引きを楽しんだ=写真。

 朝方は氷点下10度前後まで下がる厳しい冷え込みの中、多くの釣り人は開始時刻の午前6時半に合わせて氷に穴を開け、風よけのテントなどを使いながら、当たりを待った。

 赤城大沼のワカサギは福島第1原発事故後、持ち帰りが規制されていたが、2015年9月に持ち帰り可能となった。群馬県藤岡市上日野の武田孝信さん(74)は「毎年楽しみに来ている。赤城のワカサギは繊細な駆け引きが必要で楽しい」と話した。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと、動画を見ることができます。この機会にぜひお楽しみください。

あなたにおすすめ

Curated by

釣りPLUS