現役の吉原風俗嬢「風俗はエッチな介護」 SHELLY「男性の夢が…」と衝撃

©株式会社AbemaTV

 ソープ、ヘルス、ピンクサロン(ピンサロ)など、男性に性的なサービスを行う風俗店。さまざまな事情でその仕事を選んだ女性たちがいる。SHELLYが番組MCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV/アベマTV)では、「セックスにタブーはない!禁断の4時間スペシャル」を放送。現役のセックスワーカーたちが、胸の内を赤裸々に語った。

(吉原のソープ嬢・るいさん)

過去の「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」はAbemaビデオで無料視聴できます。

 吉原で働くソープ嬢のるいさんは、女友達に「いいバイトがあるからやってみない?」と誘われたことをきっかけに、風俗の世界へと飛び込んだ。るいさんは「何も言われずにデリヘルのお店に連れていかれた」と話す。しかし、るいさんはデリヘルの面接時、一度も男性経験がなかったという。店長との面接の際に経験人数を聞かれ、ゼロと答えたところ「処女で来た人は初めてだ」と驚かれ、店長に「経験をしてからバイトしてね」と言われてしまったという。

 るいさんは「その友達に『セフレみたいな男性がいるから、その人でよかったら紹介する』っていわれて」と続け、友達と、友達に紹介されたセフレと3人で性行為をしたと告白。その後、店長に初体験を済ませたことを報告し、風俗で働くことになった。

(番組MCのSHELLY)

 番組MCのSHELLYが「そもそもなんで働こうと思ったんですか?」と質問すると、るいさんは「店長さんが親身になってくれて親切だった。最初はやってみようかなって軽い気持ちで……」と説明。性行為を仕事にすることや、お金にすることに関してはまったく抵抗がなかったという。

 また、るいさんは「そのときはお昼の仕事もしていたので、掛け持ちだったら大丈夫かなと思った」と話す。昼職では介護の仕事をしていたが、あまり収入がよくなかった。るいさんは「(介護の仕事で)他人の裸を見ているので抵抗はなかったです」と話し、「(デリヘルは)エッチな介護だなって……」とコメント。

 SHELLYは「男性の夢が崩れるぞ……」と驚きを露わに。るいさんは、当初は生活費の足しとして週に3回ほど風俗の仕事をしていたが、今は介護職を辞め、ソープの仕事をメインにしているという。

AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

Wの悲喜劇年末年始祭り5弾!「ダーリンは外国人に限る」も必見

※番組表ページより期間限定・無料で見逃し視聴が可能

※期間が過ぎてもAbemaビデオなら見どころをチェック可能!

【視聴予約がおすすめ!】

1月13日(土) 23時はWの悲喜劇 again#12「大黒柱女子」

再放送は1月14日(日) 17時

(※ブラウザによっては「視聴予約」ページではなくAbemaTVトップページに飛ぶ場合がございます。その際は「番組表」から指定の番組名をご検索ください。詳細はAbemaTVガイドをチェック)

あなたにおすすめ

Curated by

mobcast