巡航ミサイル迎撃に活用の意向

地上配備型イージス視察で防衛相

地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の実験施設(奥)を視察に訪れた小野寺防衛相(中央)=10日、米ハワイ州のカウアイ島(共同)

 【カウアイ島(米ハワイ州)共同】米ハワイを訪問中の小野寺五典防衛相は10日午前(日本時間11日午前)、カウアイ島にある地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の実験施設を視察した。日本に導入した際、北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛(BMD)に限らず、将来的に巡航ミサイルの迎撃への活用など機能を拡大したいとの考えを示した。

 視察後、記者団に「巡航ミサイルやさまざまなミサイル防衛に総合的に役立つ基礎的なインフラに今後発展させたい」と述べた。長距離の巡航ミサイルを多数保有する中国への抑止力を念頭に置いているとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。