米、NAFTA離脱表明か

ロイター報道、交渉戦術の見方も

 【ワシントン共同】ロイター通信は10日、トランプ米大統領が近く北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱を宣言する可能性があると報じた。カナダ政府関係者の話として、米国、メキシコと再交渉を進めるカナダ政府が「(米国による)離脱表明への確信を深めている」としている。

 NAFTAは、参加国が離脱の意向を他の2カ国に書面で通知すれば6カ月後に離脱できると規定。カナダ政府の関係者は、トランプ氏が離脱を表明しても、2カ国から譲歩を引き出すための交渉戦術の可能性があるとみている。米議会が離脱を認めない可能性もあるとしている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers