フィギュア坂本、平昌向け壮行会

「自分らしい滑りを」

兵庫県スケート連盟主催の壮行会で笑顔を見せる坂本花織(左)と三原舞依=11日、神戸ポートアイランドSC

 フィギュアスケート女子で平昌冬季五輪に出場する坂本花織(シスメックス)は11日、練習拠点の神戸ポートアイランドSCで兵庫県スケート連盟主催の壮行会に出席し「五輪は4年に1度しかない。今自分ができることを精いっぱいやって、大舞台で自分らしい滑りができるように頑張る」と意気込んだ。

 壮行会に先立って行われた公開練習ではショートプログラム(SP)とフリーの曲を何度もかけるハードな内容。17歳の成長株は「疲れた」と言いながら意欲的にメニューをこなした。午前から競技が始まる五輪本番に備えており「体を慣らしていけたらいい」と話した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。