フィギュア坂本、平昌向け壮行会

「自分らしい滑りを」

兵庫県スケート連盟主催の壮行会で笑顔を見せる坂本花織(左)と三原舞依=11日、神戸ポートアイランドSC

 フィギュアスケート女子で平昌冬季五輪に出場する坂本花織(シスメックス)は11日、練習拠点の神戸ポートアイランドSCで兵庫県スケート連盟主催の壮行会に出席し「五輪は4年に1度しかない。今自分ができることを精いっぱいやって、大舞台で自分らしい滑りができるように頑張る」と意気込んだ。

 壮行会に先立って行われた公開練習ではショートプログラム(SP)とフリーの曲を何度もかけるハードな内容。17歳の成長株は「疲れた」と言いながら意欲的にメニューをこなした。午前から競技が始まる五輪本番に備えており「体を慣らしていけたらいい」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers