相模原市「自転車事故防止条例」制定 全市で安全利用を喚起

相模原市中央区

 自転車事故が市内で多発していることから、安全で適正な自転車利用を目的とした「相模原市安全に安心して自転車を利用しようよ条例」が昨年12月22日の市議会本会議で議員の賛成総員により可決し、同25日に施行された。これを受け、市は現在、条例に含まれる保険の加入義務化について保険の紹介や条例の周知を行っている。条例制定により、自転車事故防止や秩序ある利用に向けて一層実効性のある取り組みの展開が期待される。

自転車保険加入も義務化

 市内で昨年1月から12月までに発生した自転車事故は3区合計860件で、そのうち2件は死亡事故。県内の交通事故に占める自転車事故の割合が県平均で約22%なのに対し、市平均は約31%と高い。中央区・南区は自転車の交通安全対策を重点的に推進する、県の「自転車交通事故多発地域」に指定されている。

 加えて、他市では自転車事故で相手を死傷させた際に多額の損害賠償を命じられるケースが発生するなど、保険加入の必要性が高まりつつあり、市でも無視できない状況にあった。こうした自転車事故を取り巻く様々な事例を受け、市議会では自転車の交通安全対策の強化が急務と判断。条例制定をめざしていた。今回の条例制定は自転車事故防止に向けた交通安全啓発への取り組みを市全体でより一層推進するとともに、市民の安全意識の高揚を図るねらいがある。

 条例は【1】交通ルールやマナーの遵守、【2】幼児・児童、高齢者のヘルメットの着用推奨、【3】学校などでの交通安全教育の実施、【4】自転車事故に備えた保険の加入義務化が主な柱。4つの取り組みについては自転車利用者、保護者、事業者、自転車小売業者などに責務が課せられる。自転車損害賠償保険などの加入については、未加入の場合は事業者に加え、幼児・児童が利用する際はその保護者、市外在住でも市内に通勤・通学などで利用する際は義務化される。現状、罰則規定は設けていない。市は現在、加入している保険の補償内容の確認、または加入を呼びかけている。保険加入の義務化は今年7月1日から施行される。   

早期の市民周知図る

 条例の周知について市議会では、市広報での紹介のほか、交通安全啓発の街頭キャンペーンや市内小・中学校や自治会、関係団体などと連携しながらチラシの設置や配布を通じて努めていく考えを示す。

地域からも期待の声

 条例の制定を受け、地域からも期待の声があがる。

 昨年子どもを巻き込む事故が発生するなど、区内でもとりわけ自転車事故が多い光が丘地区。同地区では自治会連合会や交通安全協会、母の会らが参加する会議を開くなど、独自に事故対策を講じている。加えて街頭での呼びかけや、事故状況をまとめたマップの配布など積極的に事故防止へ向けた取組みを進めており、条例について同地区では「加害者と被害者、双方に被害が少なくなるような仕組みづくりは必要なことで、保険の義務化など起きた時のバックアップも非常に大切。条例の制定を受け、今後もより一層取組みに注力したい」と、啓発の後押しに期待を寄せた。

 条例の詳細は市交通・地域安全課【電話】042・769・8229へ。
 

光が丘地区での過去の啓発活動

Follow

タウンニュース

on

©株式会社タウンニュース社

神奈川周辺イベント情報 レアリア

RareAはRare(レア)なArea(エリア)情報が満載の地域密着イベント情報サイト。タウンニュースの記者による独自取材と地域の皆様の投稿で情報を提供します。

サイトはこちら

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。