センター試験は厳しい寒さ 東京の最低気温は氷点下1℃予想

©株式会社ウェザーマップ

この冬一番の強い寒気の影響で、13日・14日の大学入試センター試験日は全国的に厳しい寒さとなる見通し。東京都心では両日の最低気温が氷点下1℃と予想されている。
西日本では平野部でも雪が積もっている所が多く、積雪に加えて、路面の凍結による交通機関への影響に十分な注意が必要だ。

 11日は西日本の平野部でも雪が降り、積雪となっている所もある。午前11時現在の積雪は長崎県長崎市で6センチ、熊本県熊本市で3センチなど九州の市街地でも雪の積もっている所がある。西日本の強い雪は12日にかけても続く見通し。

 13日、14日の大学入試センター試験日は大雪の峠は越えるものの、北陸や北日本では雪の降る所がありそうだ。また、朝の冷え込みが厳しく、最低気温は東京都心、愛知県名古屋市、広島県広島市などで氷点下となるおそれがある。積雪や凍結により交通機関に影響がでるおそれもあり、受験生は時間に余裕を持って試験会場に向かってほしい。

あなたにおすすめ

Curated by

釣りPLUS