外国車、20年ぶり30万台超

上位はドイツ勢が独占

 日本自動車輸入組合が11日発表した2017年の外国メーカーの新車販売台数は、前年比3.7%増の30万6088台だった。30万台の大台を超えるのは1997年以来20年ぶり。ブランド別ではドイツのメルセデス・ベンツが3年連続で首位だった。

 国内の景気回復が追い風となり、割高感のある輸入車の人気が高まっている。ただ、上位はベンツやBMWなどのドイツ勢が独占し、米国のブランドが苦戦するなど優勝劣敗も鮮明になった。

 ベンツの販売台数は1.2%増の6万8221台だった。2位はBMWで5万2527台、3位は4万9040台のフォルクスワーゲン(VW)が続いた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers