両陛下、初場所を観戦せず

暴行事件で相撲協会が辞退

2017年1月、大相撲初場所初日の観戦のため、東京・両国国技館を訪問された天皇、皇后両陛下

 宮内庁の山本信一郎長官は11日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が昨年まで3年連続で観戦されている大相撲初場所について、今年は取りやめとなった、と明らかにした。昨年10月に日本相撲協会から招待を受け、検討していたが、元横綱日馬富士関による暴行事件などを受け、今週に入って協会から「昨今の情勢を踏まえて辞退したい」と申し入れがあった。

 山本長官は「両陛下も残念に思っておられるだろう」と話した。

 両陛下は初場所を観戦するのが慣例となっているが、力士暴行事件など角界の不祥事が相次いだ際や、八百長問題が発覚した際には、数年にわたって観戦を見合わせた時期もあった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る