セブンとイオン営業増益

海外や非中核事業がけん引

 流通大手グループ3社の2017年3~11月期連結決算が11日、出そろった。セブン&アイ・ホールディングス(HD)とイオンは本業のもうけを示す営業利益が増益だった。海外事業や非中核事業が利益を押し上げた。スーパーなど国内事業には課題が残った。

 セブンの営業利益は、純利益とともに過去最高。売上高に当たる営業収益は3社とも増収だった。

 セブンの営業利益は前年同期比8.0%増の2957億円。米国を中心とする海外コンビニ事業が好調だった。イオンはドラッグストア事業や金融事業が堅調で20.4%増の1027億円。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers