全農、中国でコメをネット販売

アリババと連携

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は11日、中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループと連携し、中国の富裕層を対象に国産コシヒカリのネット販売を始めたと明らかにした。食の多様化や少子化の影響で国内のコメ消費が減っており、新たな販路を築くことで需要拡大を見込む。

 JA全農によると、昨年末からアリババの通販サイトで2キロ入りを3千円程度で販売している。まず石川県産と三重県産の扱いを始め、ほかの生産地を順次追加する。

 中国は東日本大震災の原発事故を受け、福島など10都県産の食品の輸入停止を続けている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。