イラン、米に核合意維持を求める

欧州各国外相も

EUのモゲリーニ外交安全保障上級代表らとの会談に出席したイランのザリフ外相(中央)=11日、ブリュッセル(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】イランのザリフ外相は11日、トランプ米政権がイラン核合意の実効性を認めない方針を表明した問題について、ブリュッセルで欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表や英仏独の3外相と協議した。双方は名指しを避けつつ米国に合意の維持を求めた。

 モゲリーニ氏は欧州3外相との共同記者会見で、合意はイランの核開発を阻止する上で「機能している」との認識を示した。ザリフ氏は、合意によりイラン国民が経済的利益を得ることができるといった点で欧州側と一致したとツイートした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。